年齢認証

法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、
酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。

あなたは20歳以上ですか?

はい

Anders Frederik Steen & Anne Bruun Blauert / I guess this is what I would have said 2021

sold out

国  :フランス
地域 :ローヌ
品種 :ヴィオニエ、シャルドネ
タイプ:白
容量 :750ml

オレンジがかった黄金色。金柑やアプリコットのコンフィチュール、黄桃、オレンジ系の柑橘などの果実香、金木犀や沈丁花、ジャスミンなどのかぐわしい花々、紅茶などの香りが感じられ、加えてアロマティックな様子に仄かにミルクティーやバニラを想わせるまろやかな香りが伺えます。アルコール表記は13.5%と高めですが、のびやかな酸や塩味が感じられることでメリハリがあり、ボディの厚みを和らげ冷涼感のある飲み心地で、華やぎのある果実の風味が口中を覆うように広がります。やや充実感のある芳醇な果実味を主体として、フローラル系の風味やバニラなど様々な要素が溶け込み、複雑性に富んだ旨味を伴う味わいで余韻は長く、微細なタンニンがや塩味が僅かに残り引き締まった印象を受けます。アロマ豊かでほどよいリッチ感が感じられる仕上がりです。

 

ローヌのル・マゼルの葡萄を使用。シャルドネからヴィオニエと徐々に新しい葡萄を追加しながら約10日間かけてゆっくりとダイレクトプレスして後半部分のジュースを使用。(シャルドネ約20%、ヴィオニエ約80%)その後、赤ワイン用に使用されていた古樽で発酵と熟成。

 

つくり手

2015年までジャンマルク・ブリニョとともにFoxy Foxy Nature Wild Lifeにてワインづくりを行なっていたアンダース・フレデリック・スティーン。その後はそれぞれが違う道を歩むことになりました。

スティーンは、自分たちにとっての醸造は料理のようなものだといいます。毎年異なる姿をみせるブドウを味わい、その最も興味をそそる味に従って醸造していきます。目の前にあるブドウに好奇心をもち新しい可能性を開くため、常識や伝統に捉われないアプローチを積極的に行います。
発酵後はそのプロセスには干渉せず、何も追加されたり削除されたりしません。ワインの自由な成り行きにまかせます。