年齢認証

法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、
酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。

あなたは20歳以上ですか?

はい

Jean Yves Peron / Vers. la Maison Rouge Repasse 2019
ジャン=イヴ・ペロン /ヴァー・ラ・メゾン・ルージュ・ルパス

sold out

国  :フランス
地域 :サヴォア
品種 :モンドゥーズ90%、ガメイ10%
タイプ:赤
容量 :750ml

揮発酸が高くなったため、対策として2020年のモンドゥーズ(Champ Levat用)のマールへ浸けたところ、メゾン・ルージュとしては色調が強くなったことから、モスカートとジャケールのマールへ改めて浸けて色合いを淡く調整。ロゼのようで白のマセラシオン感も感じられる仕上がりです。
仄かにオレンジがかった淡い赤色。赤いプラムやソルダム、グアバ、フランボワーズ、ザクロなどを想わせる果実の香りに、バラなどの花束のように香り高く高貴でアロマティックな印象を受けます。白ワインのような軽快なライトタッチで、体へと沁み込むように広がります。硬めのプラムやスモモなどの果実味にフランボワーズやバラなど華やぐような風味、赤紫蘇やオールスパイス、旨味が溶け込み、軽やかでいて口中に膨らむ風味は主張のしっかりとした充実感が感じられます。若干の揮発酸を感じますが、芳醇でエレガントな風味がそれを上回り調和の取れた仕上がりです。

 

特徴

シスト・石灰質土壌。ダイレクトプレスの後、225Lの樽で12ヶ月熟成。

 

つくり手

当主のジャン=イヴ・ペロンは2004年からサヴォワのアルベールヴィルでマセラシオンを行う醸造を主にワイン造りする生産者です。彼は90年代にエノログの学校に通い、その後はアルデッシュ県コルナスのティエリー・アルマン、アルザスのジェラール・シュレールの元で働き、その他にはアメリカやニュージーランドでも経験を積んだ後、2004年独立。マセラシオンに関する豊富な知識と経験や高度な技術を駆使して、2011年以降はサヴォワ県内で育つイタリア品種も取り入れ、現在毎年約16キュヴェを造り出すフランス国内では唯一無二と言っても過言ではない生産者です。
イタリア品種に関しては、2017年に現カーヴを建設後、醸造規模を拡大しイタリア現地のアスティとカザーレ・モンフェッラートの葡萄も扱い”i Vicini”というネゴシアンシリーズも並行して醸造を行っています。
とても面倒見が良く穏やか。ワイン造りに関しては極力その年の特徴とテロワールが表れるよう自然に大きなリスペクトを払いつつ、長年の経験を元に常にロジカルで科学的なアプローチをします。この仕事を20年近く続けていても、毎年のように躊躇なく新しい試みをする探究心、そして彼の様相とその研究的な考え方は、一種のサイエンティストのように感じられます。

(インポーター資料より)