年齢認証

法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、
酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。

あなたは20歳以上ですか?

はい

Arnaud Chapuis / Ouverture 2021

アルノー・シャピー / ウーヴェルチュール

sold out

国  :フランス
地域 :ブルゴーニュ
品種 :アリゴテ
タイプ:白
サイズ:750ml

中程度の黄色。和柑橘のピール菓子やパイナップルなど爽やかな甘みを感じさせる果実香に、白い花、フレッシュハーブ、煙や鉱物的なニュアンスが伺えます。舌先をピリッとかすめるガスがあたり溌剌とした印象で、早生みかんや文旦、八朔など柑橘の粒から弾ける果汁感や風味がシャープな酸と共に広がり、口中に留まるフルーティーな果実味にじんわりと溢れるような旨味が溶け込み余韻に長く続きます。引き締まった小気味良い酸は全体を支え、熟した柑橘系の風味やハーブなどの爽快感を引き立てながら凛とした印象を与えており、果実味とキレの良い酸が絡み合うメリハリのある仕上がりとなっています。


つくり手

シャピー家は代々ワイン造りを営んで来ましたが、父親が跡を継がなかったことから、しばらくは畑を貸していました。現当主のアルノーは長い間大理石の石切職人として活動したのち、ボーヌの醸造学校で学び、卒業後はClose de Tart、DRC、そしてPrieure Rochで働き、ようやく2014年に1.5haの小さな畑からピノ・ノワールとアリゴテを造り始めることができました。
祖父がブドウを植えた年は1930年、31年、48年、59年、そして1963年とどれをとって古く、自然に15hl/ha以下の収穫量となるため、目の詰まった素晴らしいワインとなります。

畑に散布する薬剤は、雨が多い年で年間に300グラムの銅と15キロの硫黄のみ。除梗せず、ピノは大樽で発酵させた後に時間をかけて垂直プレス、その後に小樽で12ヶ月程度の熟成。アリゴテはプレス後に小樽にて発酵及び熟成で約10ヶ月。年によってペティヤンを造ったりもします。亜硫酸は16年以降は一貫して無添加。
2017年、2018年と土地を入手することができたため新たにブドウを植え現在はトータル3haの畑を所有しておりますが、専業で生計を立てるには厳しく、現在はシャンドン・ド・ブリアイユで働きながらワインを造っている。

(一部インポーター資料より)