年齢認証

法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、
酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。

あなたは20歳以上ですか?

はい

SZÓLÓ / Dolce Musa 500ml 2021
スジョロ / ドルチェ・ムーサ

¥9,400

国  :ハンガリー
地域 :トカイ タリヤ村
品種 :ミュスカ・ブラン・ア・プチ グラン40%、Kabar40%、ハルシュレヴェリュ20%
タイプ:白甘口
容量 :500ml

Sárgamuskotály(ミュスカ・ブラン・ア・プチ グラン)40%、Kabar40%、ハルシュレヴェリュ20%。様々な畑。火山性土壌、流紋岩質凝灰岩、黄土等。樹齢6年~60年。 貴腐化したブドウは除梗。発酵のはじまるレイトハーベストぶどうのマストに貴腐を加えて、マセラシオンしながらの1週間の発酵(天然酵母)。熟成はステンレスタンクを使用。熟成は8カ月です。瓶詰の際、清澄 と濾過をして亜硫酸を加え瓶詰めします (2022年7月)。

香りを嗅ぐや否や溢れ薫るバラ、黄桃、きんもくせい。芳香にうっとり。このワインもミュスカという品種の語源が香水のムスクであることを思い出させてくれます。例年よりも糖度は抑えめで、液体はさらりとしています。

 

生産者

SZÓLÓの当主であり醸造家のTímea Élessは、トカイ地方タリヤ(Tállya)村で生まれました。彼女の祖父母は地元のブドウ畑で収穫や接ぎ木の作業をしており、彼女自身も幼い頃からブドウ畑で農作業にかかわることで、ブドウへの愛情が自然に育まれていきました。紆余曲折あり、2009年祖父の 0.3 ヘクタールの土地を引き継ぐ機会が訪れます。Tímeaと夫のTamásは、家族が所有していた土地も含め、周辺地域で追加の区画をゆっくりと購入し、同時にワイン造りを始めます。 2014年がファーストヴィンテージ。Tímeaは、最初からブドウの生命力と生物多様性を維持するために有機栽培を 実践しました(2015年オーガニック認証)。現在はビオディ ナミに移行(2021年Demeter)。ワインを自然との関係性の表現としてとらえ、自然との調和が達成されたときに良いワインができるのだと信じています。

トカイは火山性土壌を主とします。SZÓLÓが所在するタリヤ村の畑は流紋岩質凝灰岩を主として、畑によって微妙に土壌構成が変わります。現在は約10ヘクタールの土地を所有しており、フルミント種、ハルシュレヴェリュ種をメインにSárgamuskotály(ミュス カ・ブラン・ア・プチグラン)、Kabar(ハルシュレヴェリュとブーヴィ エの交配)などを栽培。もっとも古いフルミントは樹齢60~80年です。 伝統的な生産者が多く存在するトカイにおいて、ナチュラルワインの生産者はごくわずかです。そんな中でTímeaは伝統的なトカイワインの素晴らしさを継承しつつも、ナチュラルという新しいあり方をそこに共存させようとしています。彼女のドライワインにはナチュラルラインとそうでないものがあり、ナチュラルラインは天然酵母で醸され、亜硫酸ゼロで瓶詰めされます。一方で甘口はそのエレガンスを失わせないためにナチュラルに栽培されたブドウを天然酵母で醸し、瓶詰めの際亜硫酸を添加します。これはナチュラルワイン不毛の土地であるトカイにおいて、偉大な挑戦なのです。

(インポーター資料より)